仮想通貨の仕組みが誰でも簡単にわかる!「今話題の新技術」

ブロックチェーンの仕組みや基礎

仮想通貨の仕組みが誰でも簡単にわかる!「今話題の新技術」

今からでも遅くない。仮想通貨をはじめたい人に必見。

最近ニュースでも仮想通貨やブロックチェーンという言葉を目にするようになりました。けれど、

「仮想通貨の仕組みを知りたい!けど、難しそう…」

「仮想通貨で投資をはじめたい!けど、リスクが高そう…」

と思っている人はいませんか。

そこで、今回は仮想通貨の仕組みから投資の始め方まで分かりやすく解説していきます。

暗号通貨の仕組みってどうなっているの?

 
そもそも仮想通貨とは一体何なのでしょうか。まずは仮想通貨の概要について見ていきましょう。

仮想通貨の概要

仮想通貨は、2008年に「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」と名乗る人物が論文を発表したことから始まりました。その後、論文に興味を持ったプログラマーが分担して開発を進め、現在の形になりました。

円やドルのように中央銀行が発行している通貨を法定通貨と呼びますが、この法定通貨と違い仮想通貨には基本的に中央管理者が存在しません。

また、電子的な通貨なので国境を越えて送金することが可能です。その送金スピードも現金と比べて格段に速いのも仮想通貨が注目されている理由です。

つまり、これまでにない革新的な通貨といえるのです。

ではその仕組みはどのようになっているのでしょう。続いてはそちらを見ていきます。

仮想通貨の仕組み

実は仮想通貨には、たくさんの種類があり、その種類によって仕組みが異なります。

そのため、ここでは代表的な仮想通貨であるビットコインについて解説していきたいと思います。

そもそもビットコインは一体誰が発行しているのでしょうか…?円やドル等のお金は国が発行していますが、ビットコインは特定の発行者・管理者がいないことが特徴です。

ではなぜ特定の発行者・管理者がいないのに、仕組みが成り立つのでしょうか

それは、一言でいいますとビットコインの管理・発行は、世界中にいる不特定多数の方が協力し合って成り立っているからです。

ビットコインの管理を協力してくれる世界中のコンピューターに、その取引や発行を記録していくのです。

それを可能にしているのが、「ブロックチェーン」という技術です。

ブロックチェーン技術がなければ、仮想通貨は存在しないと言っても過言ではありません。では、そのブロックチェーンの仕組みを紹介していきます。

今話題の技術ブロックチェーンの仕組み

それではまず、ブロックチェーンの概要について説明してきます。

ブロックチェーンの概要

ブロックチェーンは、「分散型台帳」とも呼ばれており、ビットコインの誕生から現在に至るまでの取引データの全てを、一つの台帳に記録しています。それと同時に世界中にいる不特定多数の方が取引データを分散し、協力しあって記録しています。

なぜ、ブロックチェーンと言われているかというと、ブロックとは一定期間内で行われた取引データの塊のことで、つがっていることをチェーンと呼びます。

塊(ブロック)がつながっている(チェーン)ことからブロックチェーンと言われているのです。

このようにブロックチェーンは、過去の取引データと現在の取引データをつなぎ合わせて、取引の整合性を見ています!

では次に、その具体的な仕組みについて解説していきます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは、独立した一つ一つのコンピューター同士を直接つなげた技術のことで、それぞれのパソコンがデータベースの役割を果たしてます。

そうしてネットワークで共有されてたデータを記録し、保有しています。これを「P2P」といいます。P2Pとは「Peer to Peer」の略称です。

P2Pは、コンピューター同士を直接つないでネットワークを形成しているので、サーバーがありません。

これにより、一つのコンピューターがこわれても、他のパソコンもデーターベースとなっているので復元することができます。

さらに、お互いのパソコンで管理をしているので、データの改ざんがあってもすぐに発見できます。

このようにブロックチェーンは、セキュリティー面で見てもとても優れていることが分かりますね!

ブロックチェーンの信頼性についてまとめると

・攻撃されてもサーバーのようにダウンしない

・復元することができる

・データの改ざんができないので、信頼性がある

 

このようにブロックチェーンの仕組みは、それぞれのコンピューターのネットワークによって成り立っているのです。

ここまで、仮想通貨やブロックチェーンについて理解を深めてきました。そこで、試しに購入してみたいと思った人もいるのではないでしょうか。。

続いては、仮想通貨を購入する方法や投資方法について見ていきましょう。

投資を始めてみよう!

仮想通貨への投資を行うには、まず取引所に登録することろから始まります。

取引所に登録

本来ビットコインの買い手と売り手は、取引所を介さずにそのまま取引することができます。しかし、基本的に買い手は売り手がどこにいるのかが分からなく、売り手は買い手がどこにいるのかが分かりません。

そこで、取引所は市場という場を設けて、買い手と売り手に集まってもらい、取引が成立しやすい場を作りあげているのです。

ここでは、国内取引所の最大手で、ビットコイン取引数が国内NO.1のビットフライヤーで登録方法を解説していきたいと思います。

まずは、ビットフライヤーのページに行き、アカウント登録画面に行きます。

メールアドレスを入力する箇所があるので、アドレスを入力したらアカウント作成をクリック。

メールが届きましたら、個人情報を登録できるページのリンクが貼ってあるので、個人情報を画面に移ります。

個人情報を記入しましたら、「bitFlyerを始める」をクリックすると登録が完了します。

こうして、一週間後に取引所からハガキが送られてきます。

これで口座開設が完了となります。

ここまでが口座開設の説明でした。

次は入金の仕方について解説していきます。

入金のやり方

入金の方法は、ビットフライヤーだと銀行振り込みやクイック入金といった方法がありますが、私的にクイック入金をおすすめします。

クイック入金は、ネットバンクからの振込及びコンビニ決済に対応しているので非常に便利です。

さらに24時間365日入金に対応しているので、すぐ入金したい方は特におすすめと言えます。

そんなクイック入金はこの画面から、入金することができます。

では、入金が完了しましたら実際に、仮想通貨を購入してみましょう!

購入方法が知りたい方のために、次は購入方法について説明していきます。

まず、仮想通貨のトレードの画面に行きます。

仮想通貨のトレード画面にいってみると、このような画面が出ます。

ここで仮想通貨の取引されている値段が分かるので、チャートを見て買いたい値段や売却したい値段を見極めることが大切です。

では、右側にある購入画面を見てみましょう。

ここで購入したい仮想通貨の数量を選択します。

数量と指値(買いたい価格を決める)の入力が終わりましたら、買うボタンをクリックします。

これで指値の値段になれば、取引が成立し、仮想通貨が購入することができます。

ここまでが、仮想通貨の購入方法です。

ちなみに仮想通貨はマイニングという方法で手に入れることができます。

マイニングについては、当記事では触れませんが、知りたい方がいましたら「個人でもできる!仮想通貨のマイニング方法を教えます!」で詳しく解説しています!

では、仮想通貨の購入方法がわかっていただけたところで、次はおすすめの取引所紹介していきたいと思います。

おすすめ取引所の紹介

まずは先ほども出てきたビットフライヤーから紹介します。

Bit Flyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内利用者数No.1の取引所として利用者が多く、初心者でも始めやすいです。また資本金が多く、セキュリティ対策にもお金をかけているので、安全性が高いのも特徴です。

さらにビットコインの取引量は国内No.1となっており、主にビットコインの売買がしたい方にもピッタリだと言えますね!

GMOコイン

2016年に設立された新たな取引所が「GMOコイン」です。

現在ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの計5種類のコインを扱っており、大手IT企業「GMOグループ」の仮想通貨交換業者部門となっています。

GMOグループはFXでも人気があり、GMOコインは特に取引アプリが初めての方でも扱いやすいと評判があります。

これから始める方や会社の安全性・信頼性お気にする方はGMOコインなら安心だと言えます。

BINANCE(バイナンス)

海外取引所のBINANCEは日本語にも対応しており、取り扱い通貨数は100種類を超えています。

積極的に新しい仮想通貨の取り扱いもしますので,他の取引所では扱っていないレアな銘柄の売買をすることもできますね。

さらにBINANCEは手数料が他と比較しても安いので、コストを抑えて仮想通貨の売買をしたい!という方にピッタリだと言えます。

以上がおすすめの取引所でした。

取引所について、もっと知りたい人はこちらの「仮想通貨の仕組みが誰でも簡単にわかる!「今話題の新技術」」で詳しく解説しています。

ここまで仮想通貨についての様々な情報を紹介してきましたが、最後に書籍でも知りたい人向けに。おすすめの本を紹介してきます。

読んでおきたいおすすめの書籍

デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
ナサニエル・ボッパー(著) ‎ 土方奈美(翻訳)

ニューヨークタイムズの記者が仮想通貨の誕生から2014年までの物語をまとめた本です。

この本を読むことで、仮想通貨の開発から、開発に関わった人物、苦難と実現のエピソードなど詳しく載せています。

もちろん仮想通貨の知識も深まり、仮想通貨の将来を考える上で、ぜひこの本をおすすめします!

1時間で分かるビットコイン投資入門
小田玄紀(著)

ビットコインの投資に焦点を絞った本で、タイトル通り1時間で読めてしまうほど簡単に読めます。

「ビットコインとは何か」という基礎知識に始まり、相場が上下する原因や予測の方法など、実戦的な投資のテクニックも解説しています。

「2018年にかけてのトレンド予測」という内容があるのも特徴です。

予測自体は2018年のみ役立つものですが、それだけに今年ビットコイン投資を始めようとしている人にとっては期待できる情報になります。

他にも有益な情報が載せられている本がたくさんあります。

ここでは、紹介しきれないので、「仮想通貨のブロックチェーンを知る!おすすめの本は?」にブロックチェーンに関連する本を掲載しています。

また、最近では仮想通貨のニュースサイトも充実していますので、日頃から仮想通貨の動きをチェックすることで最新情報を手にいれましょう。

まとめ

今回は仮想通貨の基本的な仕組みからブロックチェーンの概要、そしておすすめの取引所についてまとめました。

以下の7つのポイントにまとめることができます。

・仮想通貨は新たな「お金」ということで注目を集められている

・仮想通貨の誕生は、2009年に「サトシ ナカモト」という人物の論文がはじまり。

・仮想通貨(ビットコイン)の仕組みは、ブロックチェーンで成り立っています。

・ブロックチェーンは世界中にいる不特定多数の人物が管理し、取引の記録がする、今注目の技術。

・P2Pというシステムで、それぞれのパソコンを直接つないでネットワークを形成している

・仮想通貨をはじめるには、簡単な個人情報を登録する必要がある。

・取引所はビットフライヤー、GMOコイン、バイナンスがおすすめ。

いかがでしたでしょうか?この7つのポイントさえ押さえておけば、もう仮想通貨についてある程度知っていると言えますね。

でもまだまだ奥が深いのが仮想通貨なので、ここまで紹介しきれていないこともたくさんあります。これからも仮想通貨の情報をチェックしていきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンとは?わかりやすく解説!

    ブロックチェーンの仕組みや基礎

    仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンとは?わかりやすく解説!

    これで解決!仮想通貨の基礎、ブロックチェーンについて「ブロック…

  2. 仮想通貨のブロックチェーンを知る!おすすめの本は?

    ブロックチェーンの仕組みや基礎

    仮想通貨のブロックチェーンを知る!おすすめの本は?

    ゼロから学ぶ仮想通貨のブロックチェーン!おすすめの本は?昨今、…

  3. 仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンとは?わかりやすく解説!

    ブロックチェーンの仕組みや基礎

    仮想通貨のブロックチェーンって何?仕組みを徹底解説!

    一から学ぶブロックチェーン!仮想通貨の仕組みとは?近頃、仮想通…

  1. 仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンとは?わかりやすく解説!

    ブロックチェーンの仕組みや基礎

    仮想通貨の仕組みであるブロックチェーンとは?わかりやすく解説!
  2. 仮想通貨の仕組みが誰でも簡単にわかる!「今話題の新技術」

    ブロックチェーンの仕組みや基礎

    仮想通貨の仕組みが誰でも簡単にわかる!「今話題の新技術」
  3. 仮想通貨取引所の仕組みを徹底解説!!

    仮想通貨の基礎

    仮想通貨取引所の仕組みを徹底解説!!
  4. 仮想通貨とは?誰でも分かりやすく簡単に解説!

    仮想通貨の基礎

    仮想通貨とは?誰でも分かりやすく簡単に解説!
  5. 初心者必見!仮想通貨をマイニングする簡単なやり方とは?

    マイニングについて

    初心者必見!仮想通貨をマイニングする簡単なやり方とは?
PAGE TOP